男性

うつについて正しい知識を知ろう|焦りは禁物

うつの治療のこと

男の人

患者を知ろうとすること

うつ病は仕事における人間関係や日常生活の環境などが原因で起こる病気でさまざまな症状が現れます。朝起きるのが辛い、また何をするにしてもやる気が起きないといったものです。ただ、人間は喜怒哀楽という感情を持つ生き物なので、一日単位でそのような気分になることは日常茶飯事です。これらの症状が数日間継続して起こる場合にうつ病の可能性が疑われます。うつ病になると脳内の神経伝達物質の減少が起こります。それが原因でやる気が出ないなどの症状が起きるので、脳内の環境を正常な状態に戻すことが大事なこととなります。そのためには医療機関の受診が必要となります。医療機関を選ぶときに大事なことは、まず患者としっかりコミュニケーションを取るかということです。いきなり薬を処方して治療に入るのではなく、何が原因でそのような症状となったのかを患者と一緒に考える医師を選ぶことです。なぜならば、うつ病の場合、本人の考え方や性格による部分もありますが、周囲の環境も少なからず関係していることから、本人の治療だけでなく周囲の環境の改善も必要なことがあります。医師が患者とコミュニケーションを取ることができれば、医師はうつ病になった原因を正しく知ることができるので周囲の環境にも問題があると判断した場合には職場への相談や提案などをすることができます。周囲の環境を変えることで再発防止にもつながります。うつ病にはさまざまな症状があります。そのため、さまざまな症状を知る医師に治療をお願いすることもポイントです。脳内を環境を改善するためには薬剤を使用した治療を行っていきます。ただ、薬剤を使用することで副作用が起こることもあり、同じ症状であってもいくつかの種類の薬剤が用意されています。経験豊富な医師であれば、どのような症状であればどの薬剤が効果を発揮するか判断しやすく、仮に効果が見られなかった場合にも投与する薬剤の量を増やすか、あるいは別の種類に切り換えるか、的確に指示してくれます。また、薬剤を使用することに対して不安を感じている場合には、薬剤を使用することでどのようになるかをわかりやすく説明してくれ、患者の不安を取り除いてくれます。その一方で患者の家族には副作用や投与する際の注意点などもわかりやすく説明してくれるので様子の変化に気がつくようになります。うつ病の治療は短期間で終わるものではなく、年単位で行っていくこともあります。このように医師が丁寧な説明をすることで患者が医師を信頼できるようになります。人気の医療機関では予約を取ることにも苦労することがあります。うつ病では薬剤を使用することで急に体調が変化することもあります。そのような場合にもすぐに対応してくれるかということを確認しておくことがポイントです。薬剤を使用すると、徐々に効果が現れます。通院の際に様子を伺う医師は患者のことを本当に考えてくれています。薬剤を処方してそのままであり、変化がなくても次の対処方法を考えない場合は駆除医療機関を変えてみるほうが良いと言えます。薬剤は疾患を治すものですが、効果がなく長期間使用することは体にとって負担となるからです。